第39回 年の瀬に

 

もう出ることはないんだろうなぁ、と思っていたのだけど、やっぱりエントリーすることにしました。R1ぐらんぷり2016。(ピン芸人の日本一決定戦ね)

昨日もバイト帰り早朝の渋谷センター街を自転車をふらふらとこぎながら「小説、写真、お笑い、、僕、、、色んなことに手、出しすぎて全部中途半端になってるなぁ」なんて考えて少し胸が締め付けられたのだけど、いや、それでもやっぱり、出ないことを考えるともっと胸が締め付けられたから、それなら、苦しみが少ないほうを僕は選ぶことにしました。

ちなみに2008年からずっと出ているR1ぐらんぷり。これまでの戦績は

2008年 1回戦敗退

2009年 1回戦敗退

2010年 2回戦敗退

2011年 2回戦敗退

2013年 3回戦敗退

2014年 1回戦敗退

2015年 2回戦敗退

くそぅ、なんてショボい戦績なんだ。これでよく続けたもんだ。

もうしばらく舞台には上がっていないし1回戦負けも大いにあり得るだろう。布団の中で毎日震えてます。

 

image1

 

 

 

 

 

 

僕は手がしわしわです。

学生時代暗室で使う写真プリントの薬品をずっと素手で触っていたころから治りません。皮が伸びちゃったのかな。よくわからんけど。

でも、それだけ夢中になれたんだよ。いや、もしかしたら意地張ってただけかもしれない。これしかないんだ、と思い込みたかった。毎日毎日暗室入ってさ。だって写真が人生で初めて人に誉められたものだったんだもの。誉められて、嬉しかった。それだけ。だから今に至るまで写真に関わってる。

 

「お前はおもしろい」

そう言ってくれたのは誰だっけ。忘れてしまった。でも、その時誉められたことがきっかけで僕は芸人の扉を開けた。

単純だと思うかい? その通り。僕は誰よりも単純だ。おもしろい→芸人やろうって。わはは 超単純。

笑いの才能? そんなもんはこれっぽっちもねー そんなの芸人始めた1、2年目で分かってたっつの 僕は単純だけど馬鹿じゃない。

これが最後 もう一度自分に言い聞かす。

最後最後最後最後最後・・・

最後だから、意地を張ってでもこう言ってやる

 

僕は、おもしろい!!

 

 

 

 

 

第38回 鋲ジャンを作る理由、の巻

large

 

 

 

 

 

 

 

ふとしたことで鋲ジャンを作ろうと思い立った。

A-257137-1318938474.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は昔からモットーにしていることがある。それは『話したいと思う人が現れたらそれがどんな人であっても直接会って話をしに行く』というものだ。直接会いたい人に会って、ダイレクトに何かを吸収したいのだ。

それが話したことのない同級生であっても知らない人でも怖い人でも、話したいと思ったら即行動。その人が著名人であったならば事務所に電話をかけてでもアポを取って会いにいくと決めている。だから今会いたい人に今会える確率が一番高い場所として僕は住む場所を東京に選んでいるのだ。…そんなことばかりしている内にこんな社会的に何の価値もない32歳のダメ人間になってしまったわけだがまぁそれはさておき、、、

最近気付いたことがある。話したい人とすぐに心と心で話せるようになるには会うだけではダメだ、ということ。まずファーストコンタクトで相手が僕に興味を持っていない。当たり前だ。相手からしたら突然会いにきた知らん兄ちゃんだ。だから、バカみたいでいい。狂っていると思われてもいい。相手が思わず「なんだお前は笑」と笑って向こうから喋りかけてくるような「きっかけ」を作るために僕は今回鋲ジャンを作ったのだ。松本時代の鋲ジャン制作つまりこれは僕の人に会いにいく際の戦闘服なのであーる。

 

ーーーーー

 

土台にしたのはストレッチの効いたブラックの襟無しGジャン

鋲のジャケットといえば革のライダースジャケットを想像する人が多いと思うがあえてGジャンを土台に選んだのはクラストコアという細分化されたパンクロックのジャンルの人たちが好んで着用するタイプのジャケットに影響を受けたからである。ありきたりでは駄目なんだ。少しそっちの知識がある人が見ても「お、分かってるねぇ〜」と頷くくらいマニアックに掘り下げなければいけない。

0000

 

 

 

 

 

 

シルクスクリーンインクを全体的に塗りこんでコットンに合皮っぽさを出していく。

0001B

 

 

 

 

 

乾いたらお気に入りのバンドの布パッチやバッジの位置を決めて糸で縫い付けて

0002B

 

 

 

 

 

 

絶対に必要な箇所から12ミリコニカルスタッズを打ち込んでいく。

小さめの10ミリコニカルスタッズは袖や襟などのポイントポイントで使用することでグッと本気度が増すぞ。メモしておくように。テストに出るぞ。

一列一列のバランスを見ながら慎重に打つことが大事だぞ。一気にやると後でバランスが悪いことに気付いてモーレツに後悔するぞ。

ーーーーーー

 

そして

出来上がったのがこちら!

0004B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0005B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏はまだスタッズの爪が剥き出しで何か裏地を付けなきゃだからまだ完成とは言えないけど。

(背中にDISCHARGEのペイントも考え中)

裏地を付けるまではしばらく

0006B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下にGジャンを重ねて着てればいいかと思ったんやけど・・・こ、、これ、めっちゃオシャレやね。ベリグー!!!!

 

 

さて、これを着て 会いたい人に会いにいこう。

 

Am I Punk Yet ?

 

o0580087213055394523

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第37回 才能のない凡人のあなたがする表現、の巻

例えば君の顔がとても不細工だったとして

そんな君はとっておきの自分の写真をSNSで発信してはいけないのだろうか。自分は不細工だからと躊躇するのだろうか。

例えば君に才能がなかったとして、君は何も表現してはいけないのだろうか。

僕はそれを逆だと思う。カッコよくないから、才能がないから、表現するんだよ! 必死に抵抗して、「無いもの」を「有るもの」にしようともがくこと、それが表現であり、美しく生きる在るべき形なんだ。

「笑い」という観点で見てみよう。

例えば君が端正な顔立ちの人だったとして、そんな君は携帯のカメラで自分のキメ顔の写真を撮ってSNSにアップした。何人かの「いいね!」がもらえた。終わり。

例えば超絶ウルトラ不細工の君が、自分のキメ顔をSNSにアップした。「不細工のくせに何様?」と笑われた。同級生が「アイツの自撮りやばいよね笑」と影で噂した。「ナルシスト」と笑われた。

・・・分かるかい?

ね?、君はカッコいい奴に「話題」で勝ったんだ。

そして君がそれを365日続ければ、それはもう誰にもバカにされる筋合いなんてない立派な君の「作品」だろ?

だから、そういうふうに考えれば笑われるってのも立派な武器なんだ。イタい奴で何が悪い? けっこうなことじゃないか。

表面だけなぞってバカにする奴なんてどうせたいしたことないよ、人として。そんな奴クソじゃん。

だから

やっちま、え!

・・・

なにが言いたいのかと言えば

 

最近インスタグラムで自撮り始めました。

 

アカウントは  jedaimaster21 です。

フォロー宜しくお願いします。

 

 

IMG_2015

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあ先に もがいておくね!

 

 

第36回  新たな試み、インスタグラムでアンチエージング!の巻

CSpa5o7UwAATW_L-1

 

 

 

 

 

ご無沙汰しています。松本時代です。秋涼の候、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

つい先日はハロウィーン・イベントなんてものがあり、僕が生活費を賄うためにアルバイトをしている渋谷全体を仮装した男女が前を歩くのも困難なほどに集結し(その数何十万人とも言われている)朝まで乱痴気騒ぎ。深夜には、酔って自分が誰やもわからなくなったオラオラ系クソボケ男子が僕の働く飲食店内のレジカウンターにおしっこを排尿、元格闘家の店長がブチ切れて取っ組み合いになり、「お客さん、あんたなにしてくれてんだ?」「あぁ?なんにもしてねーよ!」「じゃ、床のビチョビチョのこれはなんだ?」「あ?知るか、ぶっ殺すぞ」「なんだこのぉ!」といったおよそ現実世界とは思えない低次元な会話が永遠に続き、気付けば朝だった、なんていう平和な限りで候。今日も秋晴れ。

 

さて、そんなクソみたいなどうでもいい挨拶は置いておいてまずはこの写真を見ていただきたい。

1920

 

 

 

 

 

 

 

 

この真ん中の男。身長166センチ、90キロ。

あだ名はズバリ「ブー」

IMG_1920B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぎれも無く18年前、14歳の僕だ。

『女の子にモテたい』『ロックバンドを組みたい』『オシャレがしたい』

思春期ってのはそんなことばかりが頭のほぼ全てを支配しているものだが、脂肪ってのはそれらの対極にあり忌み嫌う存在。しかし大きな矛盾、当時僕の体はその「脂肪」で全身を覆われていたのである。

で、なんやかんやとありまして、高校1年の夏休みにライザップもビックリの40キロダイエットに成功し無事に?恋愛やバンドや写真やお笑いやと、できることにはなんでもかんでも飛びついて先々月32歳になった僕がいます。

しかし!

最近なんやとたるんでいるのである。

最近の僕だ。見てくれ。

写真(2014-02-26 10.38)

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だこのウディ・アレンは!!!!!!!!!!!!

いかんいかんいかんいかん!せっかく、痩せたのに、せっかく磨いたのに!もう32歳、ここからはどんどん老いていくばかりなのに!!僕はこんなガリガリのオッサンになりたかったわけではない!!マズい、マズい、何とかして食い止めなくてはいかんぞぉぉぉぉ!!!!

b6a5673fe7c7495fb0c767bab9e4a05d

 

 

 

 

 

 

 

( ↑  ウディ・アレン )

 

・・・・

 

『自撮りのカリスマ』なんて言われるインスタグラムの達人の女子たちがいる。彼女らは自撮りの美しさだけで一般人であるにも関わらず、何万人、何十万人ものフォロワーを抱えているらしい。な、何十万人!!?

 

僕もそれやるぅぅぅぅ〜〜〜〜〜(>0<)!!!

 

ってな浅はかな皮算用で今日から僕もインスタグラムで自撮りを公開することにした。僕はカメラマンの仕事もしているわけで、被写体が自分であってもそれなりにいい写真が撮れる自信がある。見る目は確かだ。実はこの1週間、自撮りのカリスマ達のインスタ写真ばかり見ている。下手なアート本なんかよりよっぽど見応えがあるし、熱量を感じるのは僕だけだろうか。うがった目でしか周りを見ることができない人達は彼女たちを「リア充」だ「メンヘラ」だと呼ぶのだろうが、自分を常に美しい状態で留めようとする努力は極めて純粋で、在るべき形だと思う。

今回のプロジェクトの目的としては

・老化防止 毎日美しい自分を残していくことで、どんどん老いていく自分に反抗し、磨き続ける努力をする。(人に見られることで効果倍増!)

・写真技術の上達 被写体の動きを実際に自分がやってみることで、カメラマン、被写体、どちらもの動きを知ることができる。

・SNS を身内乗りだけの小さな世界で終わらさない

なにか批判じみたことを言われたら

所詮元デブがやってるイタいメンヘラ野郎の戯れごと。そんな目くじら立てんといてつかぁさい。とでも返せばいっか。

「自分が好きなんだねぇ」なんて言われたら「うるせぇバ〜カ、お前は自分嫌いなんか?このハナクソ!」で万事オッケーでしょう。

 

 

と、いうわけで本日より、松本時代インスタグラム自撮り編 スタートじゃーい!!!!!

 

アカウント名 jedaimaster21 です。フォローよろしくお願いします。

その内このホームページのバナーにも登場させる予定です。

 

 

IMG_1920B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真(2013-08-10 12.47)

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあまた!

 

 

第35回 リ・ペ・ア の巻

 

お気に入りでボロッボロになるまで履いたビルケンシュトックのサンダルが修理から返ってきた。

B7

 

 

 

 

 

これが

A1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほらー!

すごいねすごいね!キレイになったねぇー!わーいわーい!今日は久しぶりに一日中愛してあげるからね!!!

 

・・・

 

今、靴ズレで死ぬほど足がズキズキしています。

 

 

第34回

 

前の彼女とは、10年近く付き合っていました。

10年。長いですとても。最後のほうは彼女がいるのが当たり前になってしまって、(とても素敵な女性でしたが)恋愛をしているという実感は正直ありませんでした。その彼女と別れて僕が直面したのは、その当たり前にいた彼女がいないことの寂しさ、そして『恋愛ってどうやってすればいいんだったっけ』ということでした。そりゃあそうです、20歳〜29歳の終わりまでの多感な時期その全てに彼女がいました。僕は19歳までろくな恋愛をしてこなかったものですから、僕が知っている彼女が僕の唯一知っている『女性』でした。なので彼女がいなくなって2年、もうすぐ32歳になろうというのに僕の恋愛偏差値は極めて低く、童貞クラスと言っても大袈裟じゃないでしょう。でも僕はやっぱり恋愛がしたい。だから、僕は周りにいる女性を広く広く恋愛対象として見てみました。だけど、そこはやはり恋愛偏差値童貞です。女性が言った何気ない一言に「あれ、もしかしてコイツ僕のこと好きなのかな」とか「絶対今の一言で嫌われた」とか、中学2年生の春が止まりません。常にビクビクし、常にドキドキし、安心して眠ることすらままならなくなってしまいました。先日鏡を見ると、気付けばいつの間にか僕はガリガリにひからびて、セルみたいな顔になっていました。

 

1024sl_01

 

 

 

 

 

 

 

(セル)

 

突然ですが最近僕はある女性と関係を持ちました。僕は忘れかけていた「恋愛の勘」を取り戻すかのように無我夢中に彼女をむさぼりました。気付けば僕は、その子のエネルギーを(セーラームーンで言うところのエナジーを)むさぼりすぎて爆発前のセルのように膨れ上がっていました。

 

o0556041710392429256

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(爆発前のセル)

 

 

・・・

ここまで書いて、いったい自分が何が言いたいのかよくわからなくなってきました。

いや、それでいいんです、恋愛ってのはよくわからないものなのかもしれません。それが答えなのかもしれません。

 

これ以上は蛇足と言えるでしょう。それでは、また。

 

img_7

 

 

 

 

 

 

 

第33回

 

2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。なんとか元気にやっています。松本時代です。

3ヶ月ぶりに髪切りました。

IMG_126

 

 

 

 

 

 

IMG_327

 

 

 

 

 

 

ここ何年間かインスタグラムで、写真をオシャレ(風)に加工してアップするのが流行っていますね。僕も今更ながら後追いしようと色んな一般の人のインスタグラムの写真を拝見してるのですが・・・みんな僕より写真上手いじゃねーか 笑   げげー!!

で、それはなぜなのかって考えて、出た結論が「写真と共にした時間」なんですよね。僕はカメラマンとしても仕事しているけど、月に数回ある撮影か、作品撮りの時くらいしかカメラを触らない。インスタグラム中毒になってる人って仕事でもないのに一日に10回以上は携帯のカメラで何かを撮って自分のページにアップする「責任」を勝手に背負ってるのよね。月に数回の人と、毎日10回の人とでは、そりゃあ差が出るよね。だから、僕は比喩的な表現じゃなくて実際に負けているのだと思う。で、何が言いたいのかっていうと・・・

負けてられるかっての!!!

明日から2週間、ありがたいことに写真の仕事がガッツリ詰まっています。

インスタグラムが流行りだして約3年くらいか。

なので、あなたたちの3年、僕、2週間で越えますね。

覚悟して待ってろや!!

 

なんて大口を叩いて完敗だったらバカだね。あはは。それもいいかもしれません。

とにかく頑張ります。それではまた。

 

 

第32回

 

11075214_886855088046556_4387943011825051919_n

髪を3ヶ月ぶりに切りました。松本時代です。また久しぶりの更新となってしまいました。ずぼらですいません。

実はどうしても5月半ばまで集中してやりたい作業がありまして、毎日そのことばかり考えて、そのことだけのために生活しています。自分の生きる意味と向き合えて、ずっと一人の作業は苦しいですけど、悪くないです。

だけど本当はいつも頭の中で思っています。「僕は31歳にもなって何やってんだよ・・・」

答えなんてもちろん出ません。ただ、昨日YOUTUBEで懐かしい動画をひとつ見つけました。

H01008140814081yLIVE81z8140JUDY20AND20MARY20-2082BB82CE82A982B720(838983C83u208Dg949296).mpg_000130964

 

 

 

 

 

96 年の紅白歌合戦でジュディアンドマリーが歌う『そばかす』。僕は当時小学6年生、大晦日に家族でコタツを囲んでいて、赤組トップバッターで歌う彼女の姿を 見て、固まってしまったのをよく覚えています。誰よりも派手でかわいくて、歌がうまくて、エッチな感じがして、ロック野郎3人を従えて誰よりも目立つ女の 子。

「か、かっこいい・・・」その言葉は僕の口から意図せずにこぼれました。

本当に良いものってのは子供にでも分かるもんなんだってことを初めて知った瞬間でした。そして大人になってもそれは決して色褪せない。そして

はっ、と気付いた時、僕は泣いていたんです。あれ、僕はなんで泣いているんだろう。

・・・

気付けば31歳の僕がいます。

ま、そういうことかと。

そろそろ作業に戻ります。それではみなさん、また、5月の終わりにでも。

 

 

第31回

 

昨日、なぜかふいに乳牛の写真が撮りたくなって、牧場に行ってきた。

IMG_756

牧場はいい。社会見学かな、幼稚園児が乳搾り体験でワーキャー騒いだりしていて、天気も良いしとっても平和。癒されます。

で、ネットで牧場のホームページを見てから来ていたから、(あ、あの人だ)と思って、納屋で牛たちに餌をやるおじいさんに話しかけた。

「お忙しいところすいません、牧場主さんですよね? 僕東京でカメラマンをやっています松本という者なのですが、こちらの牛さんの写真、撮っても構いませんか?」

そしたら、おじいさんは遠い目をしながら

 

 

「・・・私は・・もう・・牧場主ではないんです・・もう今は・・・。だから・・牧場主さんに聞いてみたらいいんじゃないですかね?新しい牧場主さんに・・」

 

 

いったい何があったんだよこの牧場で 笑

 

 

全然平和じゃないよ なんだかすげー怖いよ。

しかもその新しい牧場主(息子さん?)に改めて牛を撮ってもいいか聞いたら普通に断られたんだけど。「さ、邪魔だ邪魔だ。帰ってくれ」って言われたよ。

何がいけなかったんだろう・・・

 

2度と行くもんか。

 

 

第30回

 

「けっこう飛ぶから気をつけろよな」 そういって友達からもらった竹とんぼ。

もらった時の袋に入ったまま一度も出すことなく、1年ほど洗面台の下に置いていました。というより適当に放り込んだままずっと忘れていました。昨日、新しい歯磨き粉を出す為に洗面台の下の扉を開けた時に久しぶりに袋を発見。「あ、こんな所にあったんだ・・・どれ」 ようやく袋から出されたそれは、どこからどう見てもただの竹とんぼ。手に取ってなんとなく、ただなんとなく、何も考えずに思い切り右手と左手を前後に擦りました。竹とんぼは勢いよく空に舞い上がり、天井に小さいながらも立派な穴を開けました。

『けっこう飛ぶから気をつけろよな』

た、たしかに・・・

もうすぐ引っ越しするのに・・・

ずっと忘れたままで・・いたかった・・・