第46回 雪にまつわるエトセトラ、の巻

 

 

ようやく雪が止んだでごんすなー。(久しぶりの更新で語尾がなんだったか思い出せない)僕のマンションの前も20cmは軽く積もっていたのでごんすが、なんとか無理やり自転車で仕事に向かおうとした結果、案の定盛大にずっこけて悶絶したでごんすよー。そんな日に限ってお気に入りのフリースで、破れた左肘を見て涙で前が見えないでごんすよ。。

 

 

 

 

 

思えば3年前の今ぐらいの時期も同じように東京は大雪で、深夜に当時好きだった女の子が新宿で電車が止まって帰宅難民になっているってラインをもらって、ここであの子を新宿まで助けに行ったら、僕ってばヒーローじゃん!って浅知恵で家を飛び出して、大雪が降る中、大量のホッカイロをコンビニで買いこんで新宿駅まで向かったもんさ。(京王線も止まっていたから僕も新宿駅まで行く手段がなかったのね)

シャバシャバの雪の中スニーカーをぐちょぐちょに濡らしながら1時間かけて新宿駅まで走って、息を切らせながらラインしたさ。あぁしたさ。

「○○ちゃん、お待たせ!今どこ?」

そしたら

「あ、5分くらい前に電車動き出しましたー!」

「・・・」

新宿駅には、凍える松本時代しかいなかったってわけさ。

・・・なんだかなー、僕ってばこういう星の下に生まれたんだろーなー。こんなのばっかり。

大雪の中一人ぼっちの甲州街道は車すら1台も走っていなくて、鼻水垂らしながら大声でエレファントカシマシの「さらば青春」を歌って帰ったのさ。

懐かしいなー。

だけど、もしも3年前のあの雪の日に戻れたとしても、あの子がいない新宿まで僕は走って迎えに行くぜ。

何も大成していない僕から情熱を取ったら何にも残らないんだ!!!

 

よっしゃー、今年もよろしく!!!!