第42回 情熱で突破した男、の巻

 

あるところに一人の芸人がいました。

裸にテンガロンハット、ブリーフ一丁という奇天烈な出立ちで、わけのわからないことを叫ぶだけの芸風にほとんどの人がこう言いました。

『あんなものはテンションだけのキワモノ芸人だ』

それでも彼は諦めませんでした。なぜなら純粋にお笑いが好きだったから。二十年以上!彼はずっとずっと続けました。相方が辞めても親友と別れても事務所を辞めても。なぜなら自分の考えた面白いことで人が笑うのがたまらなく好きだったから。

そして馬鹿にされても何度でも這い上がり、2016年春、彼はついに誰もが無理だと言ったことを成し遂げました。それはまるでドラマ、彼は日本で一番面白いピン芸人に選ばれたのです。

 

 

2年前の秋のある日のことです。その頃芸人を辞めるかどうか迷っていた僕は思いました。

(一番お笑いを愛している人の姿を見れば、何か答えが出るかもしれない!)

中野の小劇場。あいにくの大雨に客席はパラパラ。一番後ろの席についた僕。

暗転。出囃子。テンガロンハットブリーフ一丁といういつもの格好で「ぶっ殺す!!!!」なんて、またわけの分からないことを言って彼は登場しました。

 

 

!!!!!!!!!!!!

 

 

ふと周りを見渡せば、みんな腹を抱えて笑ってました。うんことかちんことか酔っぱらいとか、街のヤバいおじさんのモノマネとか下品極まりないネタばかりなのだけど、来てるお客さんみんながヒーヒー言いながら、心の底から笑ってました。色んな、ほんとに色んなお笑いライブを見てきた中で、こんなに皆がよじれるほど笑ってるのをかつて見たことがあっただろうか。。

日頃窮屈に生きる僕たちの発散、代弁、救済・・・

そして僕は気付きます。「笑い」って単純でいいものなんだってことに。

小学生の頃、ちんこを股に挟んで女の子〜なんて冗談で友だちを笑わせた記憶がオーバーラップします。

・・・

終演の挨拶。ステージに上がったスタッフに囲まれて、彼はまだギャグをやり続けます。

時計を見るともうとっくに終演時間は過ぎていて、それでも何度も何度も彼はギャグをやり続けます。

司会進行の芸人が言いました。「こんな雨の中こんなにお客さん集まってくれてこの人、嬉しくて帰りたくないんだね」

彼はその芸人の言葉に返事もせずにギャグをギャグを、ただただギャグを!!!!!!!

 

その姿を見て僕は逃げるように劇場をあとにしました。中野ブロードウェイのアーケードの中をバイク置き場まで走りながらひとつのモヤモヤが僕を包みます。

(僕は彼ほど笑いが好きだろうか、好きになれるのだろうか)

ブンブンと首を振ってかき消して、すっかり雨の上がった環状七号線をバイクでぶっ飛ばして家に帰りました。

・・・

それから2年経ち現在。

誰よりも一番お笑いを好きな男が、今年日本で一番面白い人間に選ばれました。

テレビで彼が優勝する姿を見て僕は涙がこぼれてこぼれて止まりませんでした。

 

main_hollywood_zakoshisyoh

 

 

 

 

 

 

ハリウッドザコシショウさん!!!

面識はありません だけど、僕もかつては同じ事務所でお笑い芸人の端くれだった男。同じ、というにはとてもとてもおこがましいですがせめて当事者だった身として心の底からお祝い申し上げます。

もしも「なんでハリウッドザコシショウのネタ見て感動すんねん」なんてヤジを飛ばす奴がいたら僕はそいつを許しません。

カッコイイってのはこういうことなんだよ。テメーわかってんのかコラ。

 

さて、全ての芸人よ。この人がついに日本一になってしまったぞ。優勝から一番遠い所にいた人が情熱で優勝してしまった。

もう一度言う。情熱で優勝したんだ!

もう小細工は何一つ通用しないんだ!!

 

僕も全てに溶けるほどの情熱をもって頑張っていかないと。

ありがとう。