第41回 R1ぐらんぷり2016 2回戦大阪の巻

 

その日は朝からどこかいつもと違っていた。

めずらしく目覚ましをセットした時間の10分前にパッチリと目が覚め、もはや毎日の習慣と化している頭痛からくる吐き気がまったくなかった。いつも寝る前にどこに置いたのか忘れて途方にくれるド近眼の眼鏡も布団の中から手を伸ばした先のコーヒーテーブルの上でなんなく見つかった。大阪に向かうため朝早く乗った東海道新幹線は運良く右側の窓際の席が1席だけ空いていて、車窓からは雪化粧の富士山。晴天。I podで再生をシャッフルにして最初に流れ出したのは、かつて寝床を共にした朋友、毛皮のマリーズの1stアルバム『戦争をしよう』より「YOUNG LOOSER」。(君は間違っていないと、無知な若者のか細いアイデンティティーに呼びかける名曲だ)。車内販売で回って来た女の人は丸顔で小柄でぽっちゃりした女の子。僕のドストレートだ。ケチな僕がコーヒーを買った。苦いから嫌いなはずのコー ヒーは、ただの食わず嫌いだったのか案外いけた。出番前に梅田駅付近の工事現場?に忍び込んでマックスの声量で練習していたら近隣の住人に警察に通報されてあわや出場することすら危ぶまれたが、事情を説明するために僕がこれから本番で使う『40秒で世界一周』と書かれたフリップボードを見て警察官のおっさんが数秒止まったあとに「・・・深いな」という言葉が滑り出たのを聞いて、完全に時は来た!と僕は悟った。

これ完全に確率変動前の過剰なリーチ演出やん!ドデカい大当たりが、間近に迫っている!

もしかしたら僕今回R1・・・優勝するんちゃうの?

するんちゃうの? するかも するはず いや、する! するに決まってる!

やっと、時代が来たのだ!8年もがいてようやく来た!時代が!いや、ジェダイが!!!

そうなるともう出番が待ち遠しくて待ち遠しくて、早くオレを板の上に出させろと心が踊って押さえきれない。

出囃子が鳴ったと同時に右足でおもいきり地面に蹴って僕はステージに飛び出した!

「松本時代です!!!コントーーー!!」

 

結果・・・惨敗。

 

時は全く来ていなかった。

 

あっはっは。

 

あーはっはっはっは!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

また負けた。9年闘って9回とも負けた。

言い訳はゼロ。全力を出し切った、そしてボロクソに負けた。

2008年 1回戦敗退

2009年 1回戦敗退

2010年 2回戦敗退

2011年 2回戦敗退

2012年 準々決勝(3回戦)敗退

2013年 1回戦敗退

2014年 1回戦敗退

2015年 2回戦敗退

2016年 2回戦敗退

 

・・・もう・・どうすっかな・・・

 

ふさぎ込みそうになった時、いつも僕は頭の中で何度もこの言葉を繰り返します。

 

ccc

 

 

 

 

 

 

これ、どんな時でも前向きになれるむちゃくちゃすごいギャグだと思ってるんですけど、そう思っているのは僕だけでしょうか。