第37回 才能のない凡人のあなたがする表現、の巻

例えば君の顔がとても不細工だったとして

そんな君はとっておきの自分の写真をSNSで発信してはいけないのだろうか。自分は不細工だからと躊躇するのだろうか。

例えば君に才能がなかったとして、君は何も表現してはいけないのだろうか。

僕はそれを逆だと思う。カッコよくないから、才能がないから、表現するんだよ! 必死に抵抗して、「無いもの」を「有るもの」にしようともがくこと、それが表現であり、美しく生きる在るべき形なんだ。

「笑い」という観点で見てみよう。

例えば君が端正な顔立ちの人だったとして、そんな君は携帯のカメラで自分のキメ顔の写真を撮ってSNSにアップした。何人かの「いいね!」がもらえた。終わり。

例えば超絶ウルトラ不細工の君が、自分のキメ顔をSNSにアップした。「不細工のくせに何様?」と笑われた。同級生が「アイツの自撮りやばいよね笑」と影で噂した。「ナルシスト」と笑われた。

・・・分かるかい?

ね?、君はカッコいい奴に「話題」で勝ったんだ。

そして君がそれを365日続ければ、それはもう誰にもバカにされる筋合いなんてない立派な君の「作品」だろ?

だから、そういうふうに考えれば笑われるってのも立派な武器なんだ。イタい奴で何が悪い? けっこうなことじゃないか。

表面だけなぞってバカにする奴なんてどうせたいしたことないよ、人として。そんな奴クソじゃん。

だから

やっちま、え!

・・・

なにが言いたいのかと言えば

 

最近インスタグラムで自撮り始めました。

 

アカウントは  jedaimaster21 です。

フォロー宜しくお願いします。

 

 

IMG_2015

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあ先に もがいておくね!

 

 

第36回  新たな試み、インスタグラムでアンチエージング!の巻

CSpa5o7UwAATW_L-1

 

 

 

 

 

ご無沙汰しています。松本時代です。秋涼の候、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

つい先日はハロウィーン・イベントなんてものがあり、僕が生活費を賄うためにアルバイトをしている渋谷全体を仮装した男女が前を歩くのも困難なほどに集結し(その数何十万人とも言われている)朝まで乱痴気騒ぎ。深夜には、酔って自分が誰やもわからなくなったオラオラ系クソボケ男子が僕の働く飲食店内のレジカウンターにおしっこを排尿、元格闘家の店長がブチ切れて取っ組み合いになり、「お客さん、あんたなにしてくれてんだ?」「あぁ?なんにもしてねーよ!」「じゃ、床のビチョビチョのこれはなんだ?」「あ?知るか、ぶっ殺すぞ」「なんだこのぉ!」といったおよそ現実世界とは思えない低次元な会話が永遠に続き、気付けば朝だった、なんていう平和な限りで候。今日も秋晴れ。

 

さて、そんなクソみたいなどうでもいい挨拶は置いておいてまずはこの写真を見ていただきたい。

1920

 

 

 

 

 

 

 

 

この真ん中の男。身長166センチ、90キロ。

あだ名はズバリ「ブー」

IMG_1920B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぎれも無く18年前、14歳の僕だ。

『女の子にモテたい』『ロックバンドを組みたい』『オシャレがしたい』

思春期ってのはそんなことばかりが頭のほぼ全てを支配しているものだが、脂肪ってのはそれらの対極にあり忌み嫌う存在。しかし大きな矛盾、当時僕の体はその「脂肪」で全身を覆われていたのである。

で、なんやかんやとありまして、高校1年の夏休みにライザップもビックリの40キロダイエットに成功し無事に?恋愛やバンドや写真やお笑いやと、できることにはなんでもかんでも飛びついて先々月32歳になった僕がいます。

しかし!

最近なんやとたるんでいるのである。

最近の僕だ。見てくれ。

写真(2014-02-26 10.38)

 

 

 

 

 

 

 

 

誰だこのウディ・アレンは!!!!!!!!!!!!

いかんいかんいかんいかん!せっかく、痩せたのに、せっかく磨いたのに!もう32歳、ここからはどんどん老いていくばかりなのに!!僕はこんなガリガリのオッサンになりたかったわけではない!!マズい、マズい、何とかして食い止めなくてはいかんぞぉぉぉぉ!!!!

b6a5673fe7c7495fb0c767bab9e4a05d

 

 

 

 

 

 

 

( ↑  ウディ・アレン )

 

・・・・

 

『自撮りのカリスマ』なんて言われるインスタグラムの達人の女子たちがいる。彼女らは自撮りの美しさだけで一般人であるにも関わらず、何万人、何十万人ものフォロワーを抱えているらしい。な、何十万人!!?

 

僕もそれやるぅぅぅぅ〜〜〜〜〜(>0<)!!!

 

ってな浅はかな皮算用で今日から僕もインスタグラムで自撮りを公開することにした。僕はカメラマンの仕事もしているわけで、被写体が自分であってもそれなりにいい写真が撮れる自信がある。見る目は確かだ。実はこの1週間、自撮りのカリスマ達のインスタ写真ばかり見ている。下手なアート本なんかよりよっぽど見応えがあるし、熱量を感じるのは僕だけだろうか。うがった目でしか周りを見ることができない人達は彼女たちを「リア充」だ「メンヘラ」だと呼ぶのだろうが、自分を常に美しい状態で留めようとする努力は極めて純粋で、在るべき形だと思う。

今回のプロジェクトの目的としては

・老化防止 毎日美しい自分を残していくことで、どんどん老いていく自分に反抗し、磨き続ける努力をする。(人に見られることで効果倍増!)

・写真技術の上達 被写体の動きを実際に自分がやってみることで、カメラマン、被写体、どちらもの動きを知ることができる。

・SNS を身内乗りだけの小さな世界で終わらさない

なにか批判じみたことを言われたら

所詮元デブがやってるイタいメンヘラ野郎の戯れごと。そんな目くじら立てんといてつかぁさい。とでも返せばいっか。

「自分が好きなんだねぇ」なんて言われたら「うるせぇバ〜カ、お前は自分嫌いなんか?このハナクソ!」で万事オッケーでしょう。

 

 

と、いうわけで本日より、松本時代インスタグラム自撮り編 スタートじゃーい!!!!!

 

アカウント名 jedaimaster21 です。フォローよろしくお願いします。

その内このホームページのバナーにも登場させる予定です。

 

 

IMG_1920B

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真(2013-08-10 12.47)

 

 

 

 

 

 

 

 

それじゃあまた!