第34回

 

前の彼女とは、10年近く付き合っていました。

10年。長いですとても。最後のほうは彼女がいるのが当たり前になってしまって、(とても素敵な女性でしたが)恋愛をしているという実感は正直ありませんでした。その彼女と別れて僕が直面したのは、その当たり前にいた彼女がいないことの寂しさ、そして『恋愛ってどうやってすればいいんだったっけ』ということでした。そりゃあそうです、20歳〜29歳の終わりまでの多感な時期その全てに彼女がいました。僕は19歳までろくな恋愛をしてこなかったものですから、僕が知っている彼女が僕の唯一知っている『女性』でした。なので彼女がいなくなって2年、もうすぐ32歳になろうというのに僕の恋愛偏差値は極めて低く、童貞クラスと言っても大袈裟じゃないでしょう。でも僕はやっぱり恋愛がしたい。だから、僕は周りにいる女性を広く広く恋愛対象として見てみました。だけど、そこはやはり恋愛偏差値童貞です。女性が言った何気ない一言に「あれ、もしかしてコイツ僕のこと好きなのかな」とか「絶対今の一言で嫌われた」とか、中学2年生の春が止まりません。常にビクビクし、常にドキドキし、安心して眠ることすらままならなくなってしまいました。先日鏡を見ると、気付けばいつの間にか僕はガリガリにひからびて、セルみたいな顔になっていました。

 

1024sl_01

 

 

 

 

 

 

 

(セル)

 

突然ですが最近僕はある女性と関係を持ちました。僕は忘れかけていた「恋愛の勘」を取り戻すかのように無我夢中に彼女をむさぼりました。気付けば僕は、その子のエネルギーを(セーラームーンで言うところのエナジーを)むさぼりすぎて爆発前のセルのように膨れ上がっていました。

 

o0556041710392429256

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(爆発前のセル)

 

 

・・・

ここまで書いて、いったい自分が何が言いたいのかよくわからなくなってきました。

いや、それでいいんです、恋愛ってのはよくわからないものなのかもしれません。それが答えなのかもしれません。

 

これ以上は蛇足と言えるでしょう。それでは、また。

 

img_7

 

 

 

 

 

 

 

第33回

 

2ヶ月ぶりの更新となってしまいました。なんとか元気にやっています。松本時代です。

3ヶ月ぶりに髪切りました。

IMG_126

 

 

 

 

 

 

IMG_327

 

 

 

 

 

 

ここ何年間かインスタグラムで、写真をオシャレ(風)に加工してアップするのが流行っていますね。僕も今更ながら後追いしようと色んな一般の人のインスタグラムの写真を拝見してるのですが・・・みんな僕より写真上手いじゃねーか 笑   げげー!!

で、それはなぜなのかって考えて、出た結論が「写真と共にした時間」なんですよね。僕はカメラマンとしても仕事しているけど、月に数回ある撮影か、作品撮りの時くらいしかカメラを触らない。インスタグラム中毒になってる人って仕事でもないのに一日に10回以上は携帯のカメラで何かを撮って自分のページにアップする「責任」を勝手に背負ってるのよね。月に数回の人と、毎日10回の人とでは、そりゃあ差が出るよね。だから、僕は比喩的な表現じゃなくて実際に負けているのだと思う。で、何が言いたいのかっていうと・・・

負けてられるかっての!!!

明日から2週間、ありがたいことに写真の仕事がガッツリ詰まっています。

インスタグラムが流行りだして約3年くらいか。

なので、あなたたちの3年、僕、2週間で越えますね。

覚悟して待ってろや!!

 

なんて大口を叩いて完敗だったらバカだね。あはは。それもいいかもしれません。

とにかく頑張ります。それではまた。